びっくり満
2021年05月10日(月)
 びっくり満

三井アウトレットパーク 横浜ベイサイドにて、海ゴミでつくったSDGsアート展を開催!

新着ニュース30件






























三井アウトレットパーク 横浜ベイサイドにて、海ゴミでつくったSDGsアート展を開催!

このエントリーをはてなブックマークに追加




SDGsのイベント企画等を手掛ける株式会社WATASUは、SDGsをもっと身近に感じてもらおうと、海ゴミでつくったSDGsアート展を4月10日(土)・11日(日)に、三井アウトレットパーク 横浜ベイサイドで開催する。

SDGsアート展
(画像はプレスリリースより)
江ノ島の海岸ゴミがかわいいクジラのアート作品に。ワークショップ、子ども向けチアレッスンも同時開催!
アート作品の材料は全て海岸で拾ったゴミ。これらのゴミは2020年11月3日に藤沢市片瀬東浜で行われたスポーツゴミ拾い「スポGOMI大会in片瀬東浜」などで集められた。

11月の「スポGOMI大会in片瀬東浜」では、子どもからお年寄りまで約150名が参加して行われた。一見きれいに見える海岸からは、海に関連するものだけでなく、タバコや食品トレー、イヤホンや子供のおもちゃなど、様々な種類のゴミが見つかった。

アート制作には福岡を拠点に活動するPaint Creator minamiが参加。アクリル画をメインにイラストや立体作品などを製作し、環境問題をアートで伝えるプロジェクト「ORINASU スクラップでビルド」に取り組む新進気鋭のアーティストだ。

今回のためにアーティストが制作した作品は2点。1点は、藤沢市江の島が東京オリンピック・パラリンピックのセーリング競技会場になっていることから、ヨットにちなんだ作品。こちらはスポGOMI大会の参加者が「アートゴミ」として選び、名前を書いた材料で作られた。

もう1点は「かながわプラごみゼロ宣言」のモチーフであるクジラにちなんだ作品で、こちらは、江の島名物のシラスやタコの漁で使用した漁具や、ヨットの廃材で作られた。

その他に、アーティストの既存作品2点と、横浜市立南高校などの生徒が制作したタコカゴアートBOXも同時に展示され、海の環境問題を訴えかける。

〈開催概要〉
・開催日時:4月10日(土)〜4月11日(日)
     (開催時間は施設の営業時間と同じ)
・展示場所:三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド Aブロック
・ワークショップ、レッスン開催場所:くじらの大屋根広場
・参加費 :無料
・主 催 :株式会社WATASU、SDGs17Club、株式会社ACALI
・協 力 :武松商事株式会社、一般社団法人プロフェッショナルチアリーディング協会
・実施内容:SDGsアート展示、廃材を使った「お魚アート」ワークショップ、プロチア協会によるチアパフォーマンスとキッズ・チアレッスン




Amazon.co.jp : SDGsアート展 に関連する商品



  • ソニー、好みのキャラクターで電子マネーの支払いができる「推し払いキーホルダー」試験販売開始!(5月7日)
  • カレー総合研究所、『カレー大學総合学部』を6月5日(土)に開催!(4月26日)
  • 食べられるメモ帳「kamihime」4月1日に新発売!(4月1日)
  • ヒュンメル、無観客試合向けにサポーターの声援を背負うユニフォームをデザイン!(3月26日)
  • お花見はお家で!アプリ「ARお天気シミュレーター」から『さくらAR』登場!(3月15日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    特集
    お問い合わせ



    モバイルサイトQRコード
    左のQRコードから
    びっくり満モバイルサイトへアクセス
    http://www.bikkriman.com/